相撲は礼儀に厳しい 力士達は礼儀正しい・・・

f0033980_23465038.jpg



そんな中で一際注目をしている関取がいる四股名は“時天空”である

ある日幕内力士土俵入りを見ていると関取は土俵下にいる審判(親方)に手で挨拶をし

踏俵から土俵に上がるが“時天空関”は土俵下の審判(親方)に深々と頭を下げ土俵に

上がったのです。

気にしてみていると毎場所毎日深々と頭を下げて土俵に上がる姿を見ていて

“時天空関”をいつも応援するようになっていました。

今回、初めて稽古総見を見学に行き“時天空関”の元気を見てうれしくなりました。

初日(魁皇関)二日目(千代大海関)と大関と当たりきっと良い結果が出ると思います。

今場所は、前頭筆頭で三役も目の前です。小結に返り咲き大関・横綱を狙って欲しいです。
[PR]

by asahi2kumi | 2007-05-11 23:57 | お相撲